PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発で市消防本部が立ち入り検査

 東京電力柏崎刈羽原発構内の木くず置き場で8月23日に起きた火災を受けて、市消防本部は14日午前、同原発を立ち入り検査した。火災があった大量の木くずは市火災予防条例の指定可燃物に該当したが、東電ではそのことに気付かず、消防本部への届け出をしていなかった。

 立ち入り検査は屋外の可燃物保管状況を調べるためのもので、この目的では今回が初めて。村田昭予防課長ら8人が4班に分かれ、合成樹脂や木材加工品の仮置き場など約50カ所を見た。4号機取水口近くにあるケーブルなどの埋設用ビニール管置き場で、担当者から説明を受けた村田予防課長は報道陣に対し「検査の途中だが、問題はない」とした。

(2010/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。