PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
県市村が柏崎原発7号機の状況確認

 東京電力柏崎刈羽原発7号機で燃料から放射性物質が漏れた問題で、県・市・刈羽村は27日、東電が6本の制御棒挿入により漏えいを抑えて運転を続けている状況を安全協定に基づいて視察・確認した。

 3自治体の担当者は7号機の中央制御室に入り、燃料漏れを検知する高感度オフガスモニターの数値や、制御棒の状態を画面で見た。終了後、武藤敏明・県危機管理監は「安定的に安全に運転されていることを確認した」とし、東電が来年8月ごろの次回定期検査まで運転を継続したいとしていることに対しては「東電から報告書が出たら技術委員会で判断してもらう」と述べた。7号機で燃料漏れが多発していることについて「抜本的な対策も考えてほしいと東電に求めた」とした。

(2010/ 9/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。