PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ふるさとゆかりの詩歌を楽しむ会、7日に

 柏崎図書館後援会(渡辺恒弘会長)が7日午後1時半から、「ふるさと柏崎ゆかりの詩歌を楽しむ会」をソフィアセンターで開く。

 「楽しむ会」はふるさとの詩歌を通じて、気軽にふるさとの文学を理解したり、楽しんだりしてもらうとともに、ふるさとに愛着を持ち、同センターで所蔵する書籍などに関心を深めてもらうことが目的。市制70周年、国民読書年の二つの記念事業となる。

 プログラムは市内ゆかりの詩人、歌人など文人が残した多くの名作から、6作品を紹介する。「海水旅館」(荻原朔太郎作)、「遙(はる)かなる海辺の町よ」(中村千栄子作)などを取り上げ、詩の朗読と、歌唱、ピアノ、バイオリン演奏などでつづる。入場無料。

(2010/11/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。