PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
岬館が「岬ひとひら」に改名へ

 市内番神2、岬館は4月5日から名称を「岬ひとひら」に改めることを新年の営業開始に合わせて発表した。看板や印刷物などに使用する新しいロゴ(指定文字)は現在制作中で、4月4日を休業して一斉に切り替える。ただし社名の「株式会社岬館」とスタッフ態勢は従来と変わらない。 

 同社は今年、創業135周年を迎えるのを機にさらに進化していこうと「リ・ボーン135計画」を立案。この一環として新ホテル名に改めるもので、利用客から募集したヒントや意見を参考にし、社内で協議を重ねてきた。「岬ひとひら」は長年愛着のある「岬」に、提供するサービスを「ひとひらの花びら」にたとえ、その一つ一つが利用客に満足してもらえるよう願いを込めた。 

(2012/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。