PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
震災がれき受け入れへ6月中に地元説明会

 会田市長は9日、定例記者会見を市役所大会議室で行い、東日本大震災で発生した宮城、岩手の両県のがれきの受け入れについて、夏ごろに予定する試験焼却を前に、6月中に地元町内会などへの説明会を行いたい考えを示した。

 震災がれきをめぐり、今年3月下旬、柏崎を含む県内5市の首長が共同記者会見を行い、受け入れを正式に表明している。会見では受け入れる災害廃棄物の基準について「放射性セシウム濃度1キログラム当たり100ベクレル以下」などとする基本指針を発表し、受け入れ対象については当面、柱、角材、倒木などの木質系チップとした。

(2012/ 5/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。