PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市内海岸にオウギハクジラ相次ぎ漂着

 市内の海岸で先月から今月にかけ、生まれて間もないオウギハクジラが死んで打ち上げられているのが相次ぎ見つかった。オウギハクジラは繁殖などに関する情報が乏しいことから、東京の国立科学博物館が1体を引き取った。

 4月14日には市内鯨波3の海岸で、今月8日には西山町石地の海岸に漂着しているのを近くの人が見つけ、それぞれ柏崎警察署、市などを通じ、市立博物館に連絡した。4月の1頭は体長1.96メートルのメス。5月の1頭は体長2.09メートルで性別不明。いずれも生まれたばかりの幼体で、先月初めの大しけの際におぼれたのではないかと見られる。体は一部損傷していた。

(2012/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。