PHOTOニュース

市制施行80周年の歩みを各種資料で振り返ったミニ展示=ソフィアセンター (2020/07/10)


「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)

>>過去記事一覧
衆院選2区は自民・細田氏当選

 第46回衆院選挙の投票が16日に行われ、即日開票の結果、柏崎市・刈羽村を含む本県小選挙区2区では、自民党新人で元経済産業省職員の細田健一氏(48)が8万1537票を集めて初当選を勝ち取った。民主党前職で農林水産政務官の鷲尾英一郎氏(35)は約1万2千票差で敗れたが、重複立候補していた比例代表北陸信越ブロック(定数11)で復活当選し、3選を果たした。社民党新人で県平和運動センター議長の渡辺英明氏(62)、共産党新人で党県委員の宮路敏裕氏(54)は及ばなかった。

(2012/12/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。