PHOTOニュース

東京電力柏崎刈羽原発7号機の安全対策などを説明した住民説明会=27日、刈羽村ラピカ (2021/01/28)


市内南条のJR北条踏切近くにお目見えした子どもたちに大人気の機関車キャラクターの大きな雪像=26日 (2021/01/27)


柏崎刈羽原発7号機の安全対策や審査状況などを説明した東京電力による住民説明会 =25日、アルフォーレ大ホール (2021/01/26)

>>過去記事一覧
柏崎管内労災132件で急増

 柏崎労働基準監督署(細島正志署長)管内では昨年、休業4日以上の労働災害が132件発生し、1998年以来、最多だったことが同署の速報値で分かった。

 過去最少だった前年より41件増え、8年ぶりに130件を超えた。建設業では46件、製造業は45件で、前年よりそれぞれ25件、9件増えた。建設では中越地震の災害復旧工事で13件発生した。一方、運輸交通は4件、サービス関連の「その他の事業」は31件で、いずれも前年並み。事故の種類別では屋根などからの墜落・転落が23人、機械などによるはさまれ・巻き込まれが19人、飛来・落下物による災害が17人などとなっている。

 死亡災害は4件で、前年より3件増えた。建設で2件、運輸交通、卸・小売で各1件。

(2006/ 1/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。