PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
フロンティアパーク事業推進へ中小機構分室

 市内軽井川で産業団地・柏崎フロンティアパークの造成を進めている中小企業基盤整備機構は、今月から事業推進のため新潟開発所分室を柏崎市役所第二分館に設置した。企業誘致推進協議会(座長・会田市長)が昨年12月に開設したホームページには3月末までに月平均1800件を超えるアクセスがあった。

 新潟開発所分室は主に造成関係の技術者が新潟市から通う。同開発所総務課は「より迅速に対応できるよう準備をしている」とし、近く専用電話を開設する予定。20日の推進協議会で会田市長は「常駐に近い形で現地で取り組みを強めてもらう。市と連携していくうえで心強い」と歓迎し、「フロンティアパーク事業を何としても成功させねばならない」と述べた。

 同協議会は初年度の2003年度、誘致業種を弱電の先端産業、食品・バイオ、新エネルギー・環境関連などとした。事業区域内の埋蔵文化財調査で06年度末から一括賃貸・分譲開始の予定を、1年遅れの07年度末と09年度当初の2期に分けて行う。第1期分は、産業用地約15ヘクタール・39区画のうち、約7ヘクタール・17区画。譲渡価格は1平方メートル以下約2万円。賃貸価格は未定だ。

(2006/ 4/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。