PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市老連が評議員会、子ども見守り事業も

 市老人クラブ連合会(山岸礼太郎会長、会員数約9000人)が25日、産文会館で今年度の評議員会を開いた。138単位クラブの代表らが新規の子ども見守り事業などを通し、自立した活動を目指すことを決めた。

 会では、山岸会長が「市老連が大きく方向を変える時代だ。これまで年寄りはお荷物、厄介者と思われた部分があるが、自立し、人に頼らず、社会のために活動を実践していきたい。これまでは目立たないような人を引き出すことも大切。気持ちを新たに、結び合いたい」と呼び掛けた。

 議事では基本方針に「これからの目標は、自立した活動を目指すことに集約される。自立の道を選択することこそが私たちの活動を活性化させる原動力となる。そのような活動を充実・発展させることが高齢者に対する社会的弱者の汚名を返上し、社会からの幅広い共感、支援協力を得ることにつながる」とし、「スクラムをがっちりと」とした。

(2006/ 4/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。