PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎地方に濃霧発生、市民びっくり

 8日午後から夜にかけ、市内の海岸地域を中心に濃い霧で覆われ、市民を驚かせた。県内でも広い範囲で濃霧に覆われ、空や海の便は欠航が相次いだ。

 この霧は日本海上の暖かく湿った空気が冷たい海面上を移動する際に発生し、北西の風で内陸に入り込んだ。新潟地方気象台は7日夜から8日にかけて濃霧注意報を発令。柏崎地域では8日、陸上で一時、視界が100メートル以下となった。

 市内鯨波から笠島にかけての国道8号では日中、一時強い霧でドライバーがライトをつけて運転した。市内番神2の番神堂では午後3時過ぎ、市街地が白い霧のベールに包まれた景色に散歩中の男性が「珍しいですね。今年も異常気象でしょうか」と話した。市陸上競技場周辺も濃霧に覆われ、隣の柏崎小から応援練習の声が霧の中で響いていた。

(2006/ 5/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。