PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
旧満州柏崎村跡地で会田市長らが慰霊

 旧満州柏崎村開拓団の跡地などを訪ねた「中国東北地区友好・慰霊の旅」の一行が19日、帰国した。この旅は、長い間分からなかった柏崎村の場所が昨年ようやく見つかったことを契機に実現。戦時中、国策に協力して開拓団を送り出した市と柏崎商工会議所も参加した。現地で慰霊祭を行い、多くの人が犠牲になった満州開拓避難民の歴史を改めて心に刻んで、柏崎の「戦後処理」として一つの区切りを付けた。

 友好・慰霊の訪問団は、柏崎村開拓団の引き揚げ者で、跡地を捜し当てた市内向陽町の巻口弘さん(71)を団長に、会田市長、西川勉県議、坂井弘・柏崎商工会議所専務理事、植木柾雄・柏崎地域国際化協会副会長ら19人。柏崎村開拓団の避難民が一緒に冬を過ごした大古洞開拓団の関係者も加わった。14日から黒竜江省に滞在し、省都ハルビンを拠点に、車で累計1700キロを走行する行程となった。

 通河県にある柏崎村跡地は15日に訪問。開拓民が仰いだ梹榔(ひょうろう)山の位置や土塀の跡から巻口さんが本部跡と推定した草地で慰霊祭を開いた。目に涙をにじませた巻口さんが「亡くなった皆さんの魂を日本に連れて帰りたい。私どもの未来をお守り下さい」と述べ、会田市長は「旧満州の地に来られ、志半ばで辛酸をなめて亡くなった皆さんに、市民を代表して哀悼の意を表したい」とあいさつした。

(2006/ 5/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。