PHOTOニュース

真剣な表情で、自分の卒業証書となる和紙をすく高柳小6年生=21日、市内高柳町門出 (2021/01/22)


新型コロナウイルス収束、地域の安泰や健康を祈願した大寒水行=20日、市内藤井の妙覚寺 (2021/01/21)


桜井市長に目録を贈呈した信金中央金庫の山田所長(中央)、小出理事長(右)=19日、市役所応接室1 (2021/01/20)

>>過去記事一覧
市ガス事業民営化の是非で検討委発足

 市の第3次行政改革大綱に基づき、市ガス事業民営化の是非を中心に同事業の在り方を検討する委員会の初会合が25日、市役所で開かれた。市が学識経験者、関係団体、消費者団体など10人の委員を委嘱し、市長の諮問により来年3月の答申を目指す。委員長には梅沢精・新潟産業大人文学部教授を選出した。

 冒頭にあいさつした会田市長は「全国的に見てガス事業の民営化は大きな流れだ。厳しい地方財政状況の中で持続的・効果的な行政運営を図っていくにはガス事業のことも例外でない」と述べた。ただ「民営化を前提としているわけではない」と強調し、あくまでも「望ましい経営の在り方」を検討してもらって、最終的に自分で方向を判断していきたいとした。

(2006/ 5/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。