PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
郵政公社が市内4局で集配業務廃止方針

 郵政民営化に向け、日本郵政公社がまとめた郵便の集配拠点、貯金・簡易保険の外務営業拠点の再編内容が28日、明らかになった。柏崎では鉢崎、野田、高柳、石地の4局で集配業務が廃止・統合される。市は公社信越支社に対して26日、4局の集配業務などの継続を要望。市議会も郵便局機能存続を求めた意見書を可決している。

 公社によると現在、全国に4696ある集配業務を受け持つ郵便局を、郵便物の区分や集配を行う総括センター(1088カ所)と配達を行う配達センター(2560カ所)に機能分離し、それ以外の1048局を近隣の総括センター、配達センターに集約し、窓口業務のみを行う局にする。貯金・簡易保険の集金なども集約する。今年9月から来年3月までの間に順次実施する。

 県内は157の集配局を27の総括センター、75の配達センターとし、55局を無集配にする。

(2006/ 6/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。