PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎のコシヒカリは地域で品質明暗

 柏崎農協はこのほど、9月末現在の新米検査の概要をまとめた。越路早生(わせ)、こしいぶきなど早生品種の1等米比率は高かったが、コシヒカリは地域によってかなり品質に格差があり、明暗を分けた形だ。

 同農協が「売れる米づくり戦略」の中で、特色ある米と位置づけている越路早生は1等が約97%、こしいぶきも1等が85%以上という好成績。ゆきの精の1等比率も高く、早生品種は近年最高の出来具合とい言えそうだ。

 これに対して、コシヒカリは地域によって品質に大きな差が出ている。中山間地の旧高柳町、旧小国町では1等米比率が85%以上あり、ほぼ平年並みの出来となったが、旧西山町、市内の鵜川流域で50から60%台、刈羽村や鯖石川流域では10%から20%台。農協全体としては40%から50%くらいになりそうだという。

(2006/10/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。