PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
高柳で8日に「狐の夜祭り」

 歩いた人から狐(きつね)の気分――。市内高柳町の「狐の夜祭り」(同実行委員会主催)が今年も10月8日に同町の栃ケ原、漆島で行われる。

 この祭りは、町の中堅・若手有志が富山県南砺市(旧利賀村)で独特な狐の絵を描く画家・古川通泰さんと知り合ったことをきっかけに、高柳に残る狐伝説と結びつけて1989年に創作。今年で18回目。白装束に狐の面をつけ、ちょうちんの明かりを頼りに山道を歩く姿が幻想の世界をつくる。

 栃ケ原会場で正午から行われるじょんのび輪舞(ろんど)、西山舞らん会によるよさこい踊りからスタート。神社めぐり、黒姫神社神楽会による獅子神楽奉納、マジックショー、日本海太鼓演奏、演歌ミニコンサートで雰囲気を盛り上げる。おなじみの畳1枚の大油揚げ作りは午後3時から。神事に続いて、祭りのハイライト、約3キロの山道を歩く狐のちょうちん行列は5時の出発だ。

(2006/10/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。