PHOTOニュース

県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)


グランドオープンした柏崎港に浮かぶ漁菜マーケット「夕海」=11日午前、市内番神1 (2020/07/11)

>>過去記事一覧
特養「くじらなみ」11月から利用募集

 社会福祉法人ン(せい)山会(星山圭鉱理事長)がこのほど、鯨波2地内で建設を進める新規特別養護老人ホーム(特養)の名称を「くじらなみ」に決めた。開所は2007年7月。11月1日から利用希望者の募集を行う。同月10日には、家族向けの説明会を柏崎エネルギーホールで開く。

 特養「くじらなみ」の名称は、「鯨波」が歴史ある海水浴場として内外に知名度があることや、ひらがなにすることでより親しみやすさを表した。建物は鉄筋コンクリート3階建てで、定員は80床。市内では初めての完全個室で、10人単位のユニットケア。

 利用の対象は要介護1―5の認定を受けている人。利用料金は要介護度、所得段階で月5―13万円程度。ほかに、医療費、日用品雑費が必要になる。

 申し込みは来年1月31日までの3カ月間。

(2006/10/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。