PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
秋の菜彩・色彩・食彩まつり、4・5日

 食を提供する料亭業界と菓子業界のコラボレーション(競演)によるイベント「秋の菜彩・色彩・食彩まつり」が4・5日、市民プラザで開かれる。今年のテーマは「地産地消」。柏崎の豊かな海の幸、山の幸を使い、職人技で楽しませる。主催は同まつり実行委員会(佐藤富夫委員長)。共催は県柏崎地域振興局、市。4日には「食の安全安心・食育シンポジウム」も行われる。

 このイベントは、目的・季節・行事に合わせ、職人の手を通じて素材をいろいろな料理、菓子にして提供している2つの業界が、業界の枠を超えて取り組む。食の喜び、職の素晴らしさを多くの人から知ってもらい、日本の食文化、知識の啓発を目指す。今年で4回目。柏崎商工会議所のあきんど支援事業。

 両日とも、和・洋菓子30種類以上をそろえるSWEETS&スイーツバイキング、里イモを使った郷土料理の試食、オリジナルのパン作り教室など。テント村では旬の食材で秋を味わう「秋の鯛(たい)めし幕の内弁当」の限定販売をはじめ、柏崎うんめー屋台、産直新鮮野菜、ワインが並ぶ。スイーツバイキングには柏崎青年会議所が荒浜で作ったサツマイモの菓子も登場する。

(2006/11/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。