PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
近藤・将棋五段の後援会が発足

 市内出身の日本将棋連盟所属プロ棋士、近藤正和五段(35)の後援会が151の個人・法人の入会によって25日発足した。同日、ニュー新橋で開かれた設立総会では東山英機県議を会長に選出。また、会田市長を名誉会長、岡村光雄・日本将棋連盟柏崎支部長を幹事長とするなど役員人事を決めた。事業としては指導対局や会報発行などを計画している。

 設立総会に先立ち、近藤五段が5人の小中学生らを相手に「五面指し」の指導対局。健闘した子どもたちに「勝運」と揮ごうした扇子や色紙を贈った。また、総会後には、近藤五段が編み出し、2002年の将棋大賞「升田幸三賞」受賞の契機となった「ごきげん中飛車戦法」を将棋盤を使って伝授した。

(2006/11/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。