PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市新年度予算は前年度並み規模の見通し

 13日午後の市議会12月定例会一般質問で、会田市長は2007年度の当初予算編成をめぐる考え方を示した。第4次総合計画の初年度であることなど3つの基本的な考えのもとで編成作業を行っているとし、「非常に厳しい財源状況ではあるものの、合併特例事業や、夢の森公園の東京電力の寄付金が見込まれることなどから、予算額としては前年度(一般会計450億2000万円)並みもしくはそれより若干上回る程度」と述べた。

 新年度の予算編成に関連し、矢部忠夫氏(社会クラブ)が「06年度予算編成ではゼロベースの予算見直し、起債の繰り上げ償還などを行ったが、07年度に向けては補助金検討を行ったのみで、財源確保はどういう状況か」「非常に厳しい財政状況の中で予算編成の方向、規模はどうか」などとただした。

 市長は、補助金の見直しは財源確保の事前準備という性格のものではないとしたうえで、07年度の歳入は原発関連の固定資産税が前年度比約4億円の減収になる見込みで、地方交付税の財源保障を考慮しても実質1億円の一般財源が減少になるとした。 

(2006/12/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。