PHOTOニュース

40周年を祝うソメイヨシノの植樹=大洲コミセン前 (2020/11/26)


本格的なウインターシーズンを前に、ガルルのスキー場で実施されたペアリフトの取り付け作業=24日、市内高柳町岡野町 (2020/11/25)


感染症の終息を願い、「アマビコ・アマビエの碑」建立除幕を行う吉田社長(右から2人目)=23日、市内駅前1 (2020/11/24)

>>過去記事一覧
サケの捕獲・採卵が過去最多に

 谷根川に上ってくるサケの年内の捕獲作業が26日で終了した。市さけます増殖事業協会(深井汀会長)によると、捕獲数は1万9443匹に上り、採卵数は309万粒を突破。1978年にサケの増殖事業が始まって以来、捕獲数、採卵数ともに最も多い数となった。

 今シーズンは10月10日の捕獲開始からサケの大量そ上が続き、特に豊漁まつりが終わった11月末から12月の初めにかけては1日に700匹以上を捕獲する日もあった。さけます増殖事業協会では成熟した親魚の確保に努めたことから、実際に川に入ったサケの数は捕獲数の3倍以上になる。

(2006/12/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。