PHOTOニュース

堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)


食用、毒キノコなどを展示した「再発見教室」=市立博物館 (2021/10/21)


フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)

>>過去記事一覧
30周年の日本海太鼓が「ばち供養」

 市内の創作太鼓グループ、日本海太鼓(相沢宏之会長)は28日、市内長崎の金泉寺でばち供養を行い、今秋の30周年記念公演に向け、決意を込めた。

 日本海太鼓は1977年1月に旗揚げし、今年が30周年。郷土色豊かで勇壮な面付け太鼓が特徴だ。ばち供養は6年目。練習や本番でひびが入ったり、割れたりした3種類の太さのばちを本堂前の大釜で燃やして供養する。雪のない境内で読経の中、メンバー12人が約120本を火に1本ずつくべた。

 打ち手は小学生から60歳代まで25人。記念公演は9月24日、市民会館で。面の題材となった民話紹介をからめ、全8曲を披露する。ゲストは「琉球国祭り太鼓」。

(2007/ 1/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。