PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
柏崎の年賀状枚数は引き受け増、配達減

 民営化後、初の正月を迎えた郵便事業会社柏崎支店(秋田進一支店長)では元日の1日、92万3000通の年賀状を配達した。同支店と6つの集配センターを合わせた柏崎市・刈羽村の1日の年賀状配達枚数は151万3000通だった。

 旧柏崎郵便局では長年、1日朝に市長や関係団体の代表を迎えて元旦出発式を行っていたが、民営化後初の今年はセレモニーは行わず、午前8時にくす玉を開いて雰囲気を盛り上げた。

 柏崎支店が12月31日までに引き受けた年賀状は前年より35.5%多い184万4000通。1日の配達92万3000通は11.1%少なかった。同支店では2、3日にも21万6000通を配達した。中越沖地震で住所を変更した人が多かったことから、年賀状の区分け作業は例年以上の注意が必要だったという。

 到着便の内容など詳しい分析はこれからだが、配達が少なく、引き受けが多かった理由について同支店では「暮れに年賀状に代わるあいさつ状を差し出した市民も多かった。支援のお礼を兼ねての年賀状が多く、市外あてが増え、市民同士のやりとりが減ったのだろう。市外のリフォーム業者、温泉旅館などが仮設住宅や被害の大きかった地域を指定した年賀タウンメールを送るケースも今年の特徴だった」と話した。

(2008/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。