PHOTOニュース

市制施行80周年の歩みを各種資料で振り返ったミニ展示=ソフィアセンター (2020/07/10)


「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)

>>過去記事一覧
子供たちがノーテレビ・ノーゲームに挑戦

 市青少年健全育成市民会議(山崎高美会長)などで組織する青少年育成国民運動柏崎地域実施委員会がメディアによる弊害を呼びかけ、ノーテレビ・ノーゲームのチャレンジ活動を進めている。期間は10日まで。昨年度のモデル実施を踏まえ、今年度の対象は柏崎刈羽の全幼稚園・保育園、全小学校の合わせて約8800人。対象年齢を下げ、幼児期からの保護者の意識づけを求めた。 

 「ノーテレビ・ノーゲーム」運動では、市内の青少年健全育成大集会でメディアで得られる情報、知識量の豊かさを認めながらも、メディア漬けの悪影響を取り上げてきた。同委員会は初年度、4小・中学校をモデルに実施。実践活動後の調査で35%の家庭が「テレビ視聴時間が減った」と回答。「食事中にテレビを見ない」は実施前の23%から43%に改善された。

 今年度はチャレンジ企画として、参加者を「対象の子どものみ」「家族全員」など4区分に、参加コースを「1日テレビを見ない、ゲームをしない」のレベルAから「食事中はテレビを消す」のEまで5段階に設定した。

(2008/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。