PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
新潟富士ゼロックス「端数倶楽部」2年目

 新潟富士ゼロックス製造(松本修二社長、社員約420人)でこのほど、有志が給料の端数を積み立て、社会貢献に生かす「端数倶楽部」が発足1年を迎えた。2年目に入り、各種団体への寄付など活動を本格化させる。

 端数倶楽部は社員が主体の社会貢献活動で、富士ゼロックスで1991年から始まった。今ではグループの販売会社で約9割の30社、関連会社で約3割の6社で設立されている。柏崎では2007年4月に80人弱で発足し、現在、会員186人。給料、賞与の中から毎回、100円未満の端数を引き落とし、倶楽部の口座に振り込む。1口100円で99口までの任意の拠出もあり、初年度は約30万円をプールした。

 事務局は総務部に置き、運営などは正副代表幹事ら6人の委員が隔月の定例会で話し合う。中越沖地震に見舞われた初年度は7月に柏崎法人会が行った海岸清掃に参加し、11月にペットボトルのキャップ収集活動を始めた。震災ではグループ各社の端数倶楽部から義援金が寄せられた。

(2008/ 5/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。