PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
東電が市内でも基準地震動の説明会

 東京電力の地域説明会が3日夜、前日の刈羽村に続いて市内でも開かれ、中越沖地震を受けて柏崎刈羽原発で耐震設計用の基準地震動を従来の約5倍の最大2280ガルに引き上げたことについて説明と質疑が行われた。会場の市民プラザには約100人が集まった。

 参加者からは「基準地震動がこんなに変わったのだから、設計をやり直すべき」「想定が何倍にもなったのに耐震補強ができるのか」という声が上がった。高橋明男・柏崎刈羽原発所長は「重要な設備は基準地震動による評価のほかに、建築基準法の3倍の耐震力で設計されており、今回の地震でもほとんど被災がない」と安全余裕を強調。土方勝一郎・東電中越沖地震対策センター部長は「配管や排気筒は補強が必要な部分が出てくるが、原子炉の耐震壁、基礎版などは新しい基準地震動でも十分許容値の中に収まると思う」とした。

(2008/ 6/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。