PHOTOニュース

放射線物質の付着を確かめるスクリーニング訓練。市内の枇杷島地区の人たちが参加した=24日、上越市の直江津港南ふ頭緑地公園 (2020/10/26)


北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)

>>過去記事一覧
こども自然王国でホタル舞う

 19日の梅雨入りに合わせるように、市内のあちらこちらからホタルの話題が届き始めた。

 市内高柳町の県立こども自然王国、じょんのび村内を流れる武納川では20日から、ゲンジボタルの舞う姿が見られるようになった。ホタルの出現には蒸し暑い夜が適しているが、今年はこれまでのところ夜間の気温がやや低く、まだホタルの数は少なめ。こども自然王国でも「例年より少し遅れているが、その分、期間は長く楽しめそう。もう少し暑くなるのを期待している」と話す。

 こども自然王国では毎週土曜日、午後7時半から施設周辺でホタル観察会を開いており、家族連れの参加を呼びかけ中。参加費は資料代として1人600円。プレイリーダーがホタルの生態を分かりやすく解説し、約1時間観察する。詳しい内容や参加希望は夕方5時ごろまでにこども自然王国(電話41―3355)へ。

(2008/ 6/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。