PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「裁判員」体験に8人参加

 来年五月に裁判員制度がスタートするのに先立ち、制度や内容に理解を求め、裁判所が国民の意見を聞く「裁判員体験」が22日、市内諏訪町の柏崎簡易裁判所で行われた。市民8人が参加し、模擬裁判の映像を見ながら、裁判官とともに評議・評決を体験した。

 裁判員制度は、国民から選ばれた裁判員が地方裁判所で行われる刑事裁判に参加し、被告人が有罪かどうか、有罪の場合はどのような刑にするかを裁判官と一緒に決める制度。国民が司法に参加することで、より信頼される刑事裁判を実現するのが目的だ。裁判員体験は県内でも12の裁判所で順次行われている。

 22日は制度の説明に続いて、模擬裁判の様子を上映。検察は強盗致傷、弁護側は傷害と恐喝を主張している事例で、証言の中の食い違い点や裁判官が説明した争点について参加者が意見を交換。この事例では強盗・傷害として量刑を決め、執行猶予もつけた。

(2008/10/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。