PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
人物館で企画展「海と暮らす」14日か

 市内東本町1、柏崎ふるさと人物館が14日から、企画展「海と暮らす―素潜り漁の人と道具―」を開く。柏崎沿岸で初夏から秋の初めの短期間に行われる素潜り漁の道具などの展示を通し、海と暮らす人々の姿を描き出す。

 同展は、米山町から石地まで長い海岸線のある柏崎でエゴ、モゾクなどの海藻、カキ、サザエなどの貝をとるために昔から営まれる素潜り漁にスポットをあてる。「ウケ」(笠島)、「ドウギ」(番神)など地域、海女、男性漁師による道具の違いなども紹介する。会期は12月14日まで、時間は午前9時から午後5時まで。会期中、今月は17・25日、12月は1・8日が休館。入館無料。

(2008/11/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。