PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
青少年のための科学の祭典22日に

 青少年のための科学の祭典・柏崎刈羽大会が22日、新潟工科大で開かれる。主催は市教育委員会ほか。実験、体験などを楽しく繰り広げる。

 「科学の祭典」は、青少年の科学技術の観察・実験などの実体験を通して、科学理科教育の振興を図るとともに、科学や技術を通じて人々の出会い、交流を目指す。主催はほかに市立教育センター、同大、日本建築学会北陸支部、県建築支会、同大会実行委員会、日本科学技術振興財団・科学技術館。

 当日は結晶化熱を利用し、繰り返し使える化学カイロや、水に入れると見えなくなる絵、鉛筆と塩水に電気をためる実験など、全部で17ブース。併せて親と子の都市と建築講座も。講師は市内外から学校の教職員、大学、市内企業の理科専門家ら。時間は午前10時から午後3時半まで。申し込み不要。入場無料。問い合わせは同センター科学技術教育班(電話20-0212)へ。

(2008/11/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。