PHOTOニュース

北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)


谷根川河口近くで始まったサケの捕獲作業=市内青海川 (2020/10/21)

>>過去記事一覧
柏崎署管内の08年交通事故、死者が大幅減

 柏崎署がまとめた2008年の管内交通事故の状況によると、人身事故の発生件数、死者数、負傷者数とも前年を下回るトリプル減となった。特に死者数は前年の11人から3人と大幅に減った。減少幅は県内トップで、死者3人は1958年以来、50年ぶり。

 管内の人身事故件数は361件で39件減、負傷者は23人減の456人。物損事故は80件増の1874件だった。

 死亡事故は1月3日に市内南半田の市道で85歳女性が軽乗用車にはねられ亡くなったほか、7月9日に西山町の国道116号で大型トラックと普通乗用車が正面衝突して乗用車の60歳男性が、同13日には主要地方道長岡西山線の薬師トンネル内で大型バイクと乗用車の正面衝突でバイクの28歳男性がそれぞれ死亡した。

 08年は管内者の事故が291件から225件に減った。半面、子ども(13歳未満)の事故が20件から27件に、飲酒事故が2件から7件に増えた。

(2009/ 1/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。