PHOTOニュース

北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)


谷根川河口近くで始まったサケの捕獲作業=市内青海川 (2020/10/21)

>>過去記事一覧
県原発小委が断層問題など両論併記

 中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発の課題に対し、「県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」が設置している「地震、地質・地盤に関する小委員会」(委員6人)の第18回会合が21日、新潟市中央区の自治会館で開かれ、これまでの検討結果をまとめた。海底活断層の長さの問題など、委員の意見対立を反映させて両論併記とし、結論は示さない形となった。

 同小委は、原発敷地と周辺の地質調査結果、中越沖地震が想定を超える揺れとなった原因、基準地震動について検討してきた。同地震の震源断層とされる原発沖「F―B断層」の北方延長部(佐渡海盆東縁部)の活断層の有無については、「海底の地形から活断層が存在する可能性がある」という意見と、「海上音波探査結果から断層は認められない」という意見に二分していることから、そのまま両論が検討結果案に併記された。原子炉建屋の傾斜についても「建屋設備の安全性に問題はない」「将来のためにも傾斜の原因を追究すべき」との2つの考えが同じく併記された。

 山崎晴雄委員長(首都大学東京大学院教授)は「少数意見であっても尊重し、多数決でまとめることはできない。両論併記はやむを得ない」とした。

 検討結果は2月3日に開かれる原発技術委員会で報告する。次回の同小委は同月18日の予定だ。

(2009/ 1/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。