PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
坂田四郎吉氏の胸像建立

 来年創立50周年を迎える市内北園町、財団法人坂田体育研究所(阪田利典理事長、坂田郁男所長)は「柏崎体育の父」とされる創設者・故坂田四郎吉氏(1887―1967年)の胸像を市陸上競技場の一角に建立し、10月3日の市制70周年市民大運動会で除幕式を行う予定だ。近く実行委員会を立ち上げ、募金活動に入る。

 坂田氏は元教員。1921年から「体育の都」構想と大運動場建設を訴え、23年、1周400メートルのグラウンドを完成させた。現存する国内最古の公認競技場。民間の手で建設、管理された。3段跳びの織田幹雄、南部忠平、棒高跳びの西田修平ら(いずれも故人)五輪メダリストらが大学時代に汗を流し、ラジオ体操、マスゲームなど市民の体力向上の拠点となった。50年3月、市に移管され、全天候型改修などを重ねた。

(2010/ 6/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。