PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
中越沖地震3年、光とともに「ありがとう」

 柏崎青年会議所(JC、高橋武理事長)は16日夜、復興イベント「ありがとうの日2010」の一環として市民プラザ前広場で光のイルミネーション事業を繰り広げた。3年目を迎えて市民にも定着、多くの家族連れが幻想的な光を楽しんだ。市民プラザで行われた陸上自衛隊の復興コンサートの終演とともに大勢の観客が加わり、午後8時前後にはにぎわいが最高潮に達した。

 今年のテーマは「光・電気・水」。電気や水などの大切さを再認識させられた震災時をしのんだ。高橋理事長らのカウントダウンのかけ声とともに、新潟工科大生が作った九基のペットボトルアートに点灯。発光ダイオード(LED)の青い光が広場に広がった。

(2010/ 7/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。