PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
復興公営住宅の高齢者支援施設に愛称

 市社会福祉協議会(飯塚良一会長)が16日夕方、市内駅前2の復興公営住宅に併設の高齢者支援施設の愛称「えきまえサロン」を発表、看板の除幕を行った。

 同支援施設は、ふれあいサロン活動などを通し、コミュニティづくりや地域住民との交流を図っているもので、同協議会が管理委託を受けている。開設からまもなく1年になる中で、より親しみやすい施設を目指し、愛称を募集した。

 19人・22点の応募があり、その中から選考の結果、宮場町の大図チヨ子さん(71)の作品が選ばれた。

(2010/ 7/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。