PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
石地でライフセービング西日本予選会

 第36回全日本ライフセービング選手権大会への出場権をかけた西日本地区予選会(日本ライフセービング協会主催)が11日、市内西山町の石地海水浴場で開かれた。

 西日本予選は柏崎で3年ぶり3回目。柏崎ライフセービングクラブ(LSC)をはじめ、遠くは福岡などから11チームの男女134人が出場した。競技は浜から沖合300メートルのブイを回って戻るボードレース、浜で90メートル走のビーチスプリントなど11種目。各種目1人か2人が10月23・24日に神奈川県藤沢市で開かれる本戦に出場する。

 開会式で会田市長は「今夏の海水浴客は100万人を超えた。地元のライフセーバーに監視員として活動してもらい、きれいで安全な海という評価が定着した」と述べ、土志田仁・日本ライフセービング協会理事に市特産の「越路早生(わせ)」を贈った。

(2010/ 9/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。