PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市P連が踏切の安全確保へ要望書

 市小中学校PTA連合会(片山寿義会長)、市青少年健全育成市民会議(佐藤明史会長)が1日、市役所を訪れ、「踏切の安全確保を求める要望書」を会田市長に手渡した。品田刈羽村長、東日本旅客鉄道新潟支社にも同様の要望を行った。

 要望書は市P連傘下の柏崎刈羽の全小中学校PTA会長の連名によるもの。今夏、市内橋場町のJR越後線第2下原踏切で小学生が電車にはねられ死亡した事故を受けて、踏切の安全確保を強く求めた。片山会長は「私たちは児童・生徒に踏切手前での確実ないったん停止、安全確認をするなど再度の指導を行うとともに、新潟支社に対し踏切ごとの再点検をして警報機や遮断機、非常ボタンの設置などを含め、安全対策を講じてもらうよう要望した」とし、市長に関係機関への働きかけを求めた。

(2010/11/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。