PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西山に冬の使者、ハクチョウ飛来

 11月を迎え、ハクチョウ見物の名所で知られる市内西山町長嶺の大池で飛来が続いている。

 同所の大池では1978年秋、2羽のハクチョウが初めて飛来してから33年目。オオハクチョウが多く、昼間も近くで見ることができる。今秋は10月18日に初飛来し、着水後に飛び立つことを繰り返し、29日になって10羽以上が池で夜を過ごすようになった。

 日ごとに数が増え、1日には40羽余りが周辺に定着。先週末から市内外の見物客、親子連れが訪れ、えさをついばむ姿を楽しんでいる。今年も匿名の人からえさになる未成熟米が届き、「本当にありがたいこと」と地元の白鳥愛護会を感激させている。

(2010/11/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。