PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎小で工科大模擬授業

 柏崎小(小林豊校長、児童数449人)の6年生(69人)の2学級で26日、新潟工科大教授による模擬授業が行われた。乾電池の歴史を学び、身近な材料を使った実験に、児童らは目を輝かせた。

 同大の模擬授業は、小・中・高校生から「ものづくり」「工学」への興味、関心を高めてもらうことが狙い。この日は情報電子工学科の角山正博教授が「私たちの生活に欠かせない電池はどのようにして生まれたのだろう」をテーマに、乾電池の発明の歴史から発展の様子までを説明した。

 続いて、児童たちがしょう油と1円玉、10円玉を使って電気を起こす実験に取り組んだ。

(2010/11/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。