PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
正月の縁起物・八丁紙を人物館で展示

 柏崎ふるさと人物館で正月用の縁起物・八丁紙が展示されている。来館の希望者には好きな絵柄を2枚まで無料でプレゼント。体験教室もある。

 展示は招き猫、宝船、梅にウグイス、目出鯛(めでたい)など約20種類。同館、博物館の職員がカッター、彫刻刀で一枚一枚を丁寧に切り抜いた。縁起物の題材にした絵柄はどれも新春を迎えるのにふさわしい雰囲気だ。

 自分でやってみたい人のための体験教室は5枚で100円。人物館職員が指導する。希望者は人物館(電話・ファクス21―8817)へ。展示は28日まで、時間は午前9時から午後5時(最終日は4時)。期間中、月曜休館。博物館でも来館者に1人2枚までプレゼント。

(2010/12/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。