PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
原発「地域の会」が情報共有会議

 東京電力柏崎刈羽原発を地元住民で監視している「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」(新野良子会長・委員25人)の情報共有会議が1日、産文会館で開かれた。オブザーバーの行政・東電との意見交換を目的に年1回開催しており、今回は経済産業省原子力安全・保安院の黒木慎一審議官や会田市長らが福島第一原発事故からの1年近くを振り返って所感を述べた。東電は相沢善吾副社長が出席し、事故発生を陳謝した。

 黒木審議官は「事故を防ぎ、国民の安全と環境を守るという保安院の使命が果たせなかったことは痛恨の極み。規制庁としてなぜこのような事態を招いたのか徹底的に分析し対応する」とした。

(2012/ 2/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。