PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市身障者福祉協が総会、社会参加と自立を

 市身体障害者福祉協会(小越藤一会長、会員数約400人)が4月29日、市総合福祉センターで総会を開いた。議事に先立ち、社会奉仕事業として、同センター敷地内にソメイヨシノの成木の植樹を行い、市と協会の発展を祈った。

 同協会は1966年、肢体・視覚・ろうあの各福祉協会が合併統合した。以来、「団結・共生・感謝」を合言葉に、障害者の福利厚生の増進、社会参加、自立を目指してきた。2005年の市町合併に伴い、同会も合併。高柳、西山各支部が発足した。

 総会で小越会長は「夢、志あるところに道は開ける。新年度の事業へ向け、みんなで力を合わせよう」と呼び掛けた。

(2012/ 5/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。