PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏刈の事業所は男女共に働ける環境を重視

 柏崎刈羽の民間事業所の男女共同参画への取り組み状況は?――。新潟産大の遠藤元男・経済学部教授(教職課程担当)が今春、柏崎商工会議所管内の民間事業所を対象に、アンケート調査を行い、この結果を報告書(第一報)にまとめた。共同参画をめぐる労働面での実態、課題を浮き彫りにした。

 この調査は、同大学の教養講座の1つ、男女共同参画社会形成論の資料収集の一環。柏崎商議所管内で30人以上の従業員を雇用する百社を対象にし、43社が回答した。主な設問では「国の男女共同参画社会基本法を知っていたか」では83%が「知っていた」と回答した。

 「かしわざき男女共同参画プラン」は37%が「知っていた」と答え、「知らなかった」が58%。同プランの基本目標のうち「男女がともに働き続けることができる環境づくり」を最も重視したいとし、その重点事項の「多様な働き方のできる環境整備」は60%、「地域や家庭の役割を男女がともに担う環境整備」は40%が支持した。  改正男女雇用機会均等法で見直したこと、すでに実施していることでは、「女性または男性のみの募集・採用方針を見直し、男女不問」「時間外、休日労働、深夜業について男女別にしていた労働協約、就業規則、協定を見直し」「セクハラ防止対策のための相談体制の整備、従業員研修を実施」などが上位。

(2006/ 6/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。