PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市、関係機関連携「多重債務根絶を」

 深刻化する多重債務問題で、県労働金庫柏崎支店の加盟会員でつくる地区育成会(佐藤正典会長)は5日、相談窓口の充実を図ってほしいと市に100万円を寄付した。市は月内にも市内金融機関の相談体制について聞き取りを行い、各機関、庁内の連携で潜在的な問題の掘り起こしに努める。

 この日は同支店の拡大常任推進委員会で多重債務の根絶を目指す2カ年の取り組みを決め、会員以外の勤労者や主婦、お年寄り、若者への対応が必要と市に3点を要望した。いったん消費者金融やクレジットカード等から借りると、よそから借りて返済するようになり、件数、金利が雪だるま式に膨らむ。本人が家族、職場に隠したまま問題が深刻化し、離婚、事故、児童虐待、自殺につながるケースもある。

 会田市長は要望に「根絶の取り組みを広げるため、市も役割を果たす」と答え、啓発活動を検討するとした。多重債務の相談にのっている金融機関担当者は「新潟の人はまじめに不当な金利を払い続け、火だるまになりがち。管内では地震被害も追い討ちをかけている」と警告する。本来支払う必要のない利息を払い過ぎ、返してもらうべき「過払い金」が発生している場合もあるという。

(2008/ 6/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。