PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
新潟工科大が増築棟の竣工式

 市内藤橋、新潟工科大(布村成具学長)は開学記念日の5日、福利厚生棟・講義棟の竣(しゅん)工式を学内で行った。

 増築棟は設計競技で学生の最優秀作品をベースに、昨年4月に着工。福利厚生棟は鉄筋コンクリート地下1階、地上2階延べ約1090平方メートル。1階はコンビニエンスストア、吹き抜けの食堂、テラス、2階は4室に仕切れるオープンスペースのスタジオなど。講義棟は地下4階、地上1階延べ約980平方メートル。ロッカー室、150人収容の2教室を備え、他の施設、中央階段と回廊で結び、斜面のスペースを中庭とした。建築費約八億円。

 式には産学交流会の会員企業、市、大学・工事関係者ら約100人が出席。内田力理事長は今年度からアクションプランに取り組む「ビジョン21学園中期計画」を挙げ、「『ものづくりは、ひとづくり』。学生を育てる大学オンリーワンを目指し、教職員一丸となって継続的な改革に取り組む」と述べた。布村学長は学園環境の整備・充実に感謝し、物質生物システム工学科を改組した環境科学科について「文理一体教育で環境技術者を育て、社会に送り出す」と述べた。

(2008/ 6/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。