PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
留学生らが母国料理で仮設入居者激励

 財団法人ロータリー米山記念奨学会(本部・東京)の奨学生、県内で仕事をする元奨学生による新潟米山学友会が21日、市内東港町第2(少年広場)の震災仮設住宅集会所を訪れ、集まった人たちを母国の料理などで元気づけた。

 訪れたのは、新潟産大や新大、上教大など県内6大学で学ぶ12カ国の留学生、OB、OGの25人。茶話会や母国の紹介で互いの心の交流を持ちたいと計画した。

 この日は同学友会会長の縁G娟(せんしゅうけん)・新潟産大教授が「世界中に震災が起き、国境のない時代。互いの心の支援が当たり前になっている。学生たちは日ごろ大変世話になっており、感謝を込め、ふれあいの気持ちを伝えたい」とあいさつ。留学生らは持参した点心、タピオカ、デザートなどを振る舞い、母国の歴史、文化などを紹介した。

(2008/ 6/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。