PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
地震3年で市長「被災者見守りが課題」

 2007年の中越沖地震から16日で3年を迎えるのを前に、会田市長は7日の定例記者会見で、本格復興をめぐる今後の最重要課題として、住宅・生活再建を果たした被災者のうち高齢者や障害を持っている人の見守り支援を続けていくことを挙げた。

 この中で市長は、復興公営住宅入居者などについて「一応安定した生活に戻ることができたのではと思っているが、過去の地震災害では要支援者と家族は被災後3年から5年目にかけて心身に変調が現れてくる例もあるので、生活支援相談員や関係機関と連携をとって見守り活動を行い、地域全体の心のケアに取り組む」と述べた。

(2010/ 7/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。