PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
産大水球部が関東学生リーグ1部に10年ぶり

 関東学生水球リーグの1・2部入れ替え戦が4日、日本体育大健志台キャンパス(神奈川県横浜市)で行われ、2部リーグ1位で臨んだ新潟産大は1部8位の国際武道大を15―11で下し、10年ぶりの1部昇格を果たした。

 水球日本代表チームの主将で経済学部助手の青柳勧監督率いる産大は、序盤から積極的にシュートを放ち、相手パスをカットするなどして、6―3で第1ピリオドを終えた。中盤は一進一退の攻防の末、第4ピリオドでは11―10と1点差に詰め寄られたが、直後に3連続シュートで突き放した。学生、保護者、職員ら約30人が応援に駆けつけた。

 産大水泳部水球部門の発足は開学5年目の1992年4月。関東学生リーグ1部昇格は97年以来、4回目。1部は8チーム。産大は18年連続でインカレ出場を決め、今月10、11日の日本選手権予選に2チームが出場する。また、青柳監督は柏崎で結成された社会人チーム「ブルボンウォーターポロクラブ柏崎」の選手として出場する。

(2010/ 7/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。